続続・サラリーマンブログ

アラサーサラリーマンが思うままに呟きます。

MENU

富豪上位8名の総資産が世界人口の半分の36億人の総資産に相当!なんと8名で48兆円!

f:id:naninunee:20170121180021j:plain

なんと、世界の富豪8人の資産が世界人口の半分である36億人分の資産に相当するという驚きのニュースが。

貧富の格差については以前から言われていましたが、ここまで大きな差があるとは。。。

世界の富豪上位8名の資産額は?

気になる資産額ですが、8名で4260億ドル(約48兆7千億円)とのこと。

日本の国家予算は100兆円ほどのため、その半分にあたります。とんでもないお金持ちですね、うらやましい限りです。。。

こんな膨大なお金を管理するだけでもさぞかし大変でしょうね。

貧困撲滅に取り組む国際NGO「オックスファム(Oxfam)」は16日、世界人口のうち所得の低い半分に相当する36億人の資産額と、世界で最も裕福な富豪8人の資産額が同じだとする報告書を発表し、格差が「社会を分断する脅威」となるレベルにまで拡大していると警鐘を鳴らした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000015-jij_afp-bus_all

 

富豪上位8名の名前は?職業は?

世界の富豪上位8名は次の通りです。

 ビル・ゲイツ氏(米マイクロソフトの共同創業者)
 マーク・ザッカーバーグ氏(Facebookの共同創業者)
 ジェフ・ベゾス氏(Amazon.com創業者)
 アマンシオ・オルテガ氏(スペインのアパレル大手インディテックス創業者)
 ウォーレン・バフェット氏(米著名投資家)
 カルロス・スリム氏(メキシコの通信王)
 ラリー・エリソン氏(オラクルの創設者)
 マイケル・ブルームバーグ氏(米情報サービス大手ブルームバーグCEO)

こうやって並べてみると、やはりIT関係の成功者が多いようですね。

私もIT関係の仕事をしていますが、雇われる側なので上記のリストに入ることは夢のまた夢です。。。

資産管理の相談先は?

数兆円規模のお金の話をした後に現実的な話で申し訳ないのですが、今後、日本においてはますます少子高齢化が進み、二人に一人が高齢者となる超高齢化社会に突入します。

2016年時点で、日本の50歳以上の人々が持つ資産は60%近くを占めているといわれていますので、高齢化が進むことで今よりも資産の管理や相続といったことが重要視される世の中になるでしょうね。

そんな時に税理士に相談するということはなかなか敷居が高く感じてしまう方が多いと思いますが、個人の資産について気軽に相談できる相手として、「資産診断士」という相談先の選択肢があるようです。

資産診断士とは?

資産診断士とは、弁護士や税理士よりも気軽に資産について相談できる相手を増やすことを目的として一般社団法人の日本資産協会が策定した資格です。

なるほどたしかに弁護士や税理士と聞くよりも相談しやすそうに感じますよね。

相談先として活用するのはもちろんのこと、スマホだけで学習から資格取得まで完結するようですので、資格を取得して相談される側を目指すのもよいかもしれません。

ご両親など身近な方の資産運用について何気なく相談された場合にも、的確な答えがだせるようになりたいですよね、そんな方にもおすすめです。

もちろん自身の資産をうまく取り扱うためにも有用であると思いますので、損をしていないか不安な方や、今後の備えにしたいとお考えの方はチェックされてみてはいかがでしょうか。

 

公式ページはこちら→ 資産診断士