続続・サラリーマンブログ

アラサーサラリーマンが思うままに呟きます。

MENU

iPhone7の防水性能は?水没は保証対象外のため浴室での使用は避けたほうが無難

f:id:naninunee:20160916210651j:image 

iPhone7、防水ということで浴室で使おうとされている方も多いのでは?ひょっとするとそれ目的で買った方もいるのではないでしょうか。残念ですが、浴室で使うのは避けたほうがいいかもしれません。

iPhone7の防水性能は?日常的に浴室で使っても大丈夫?水没は保証対象外!

iPhone7の防塵・防水性能は、Apple公式ページにあるように、「IP67等級」です。これはどういうことかというと、防塵性能が6等級、防水性能が7等級であることを意味しており、「一定時間、水中に浸漬しても浸水の恐れがない防水性」といえます。ですので、濡れた手で触ったりするのはもちろん、浴槽などに落としてしまっても、水没してしまうことはないでしょう。と、ここまではよいのですが、実はAppleは水濡れによる損傷は保証対象外としています。

iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。水濡れによる損傷は保証の対象になりません。

出典:iPhone 7 - Apple(日本)

 

つまり、防水だからと浴室で日常的に使っていて仮に水没してしまった場合には、保証対象外となるため、たとえAppleCareに加入していたとしてもサポートを受けられないということになります。おそろしい。。。いくら防水であるとはいえ、浴槽などで使用するのは避けたほうがよさそうですね。