読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続続・サラリーマンブログ

アラサーサラリーマンが思うままに呟きます。

MENU

交通事故発生!→ジャンボ宝くじの1等の当選確率と比べて低いので無罪!

ニュース

 

乗用車が自転車に衝突する交通事故が発生したのですが、自転車を運転していた男性が2年間で5件目の交通事故被害者であったことから交通事故を疑問視、つまり当たり屋ではないかと疑いがかかり、結果、事故を起こした乗用車運転手が無罪となるなんとも珍しいニュースが。

ジャンボ宝くじの1等が当たる確率は「1000万分の1」ですが、2年間に5回もの事故にあう確率は、なんと「58億4000万分の1」とのことです。そんなに低い確率なんですから、疑われて当然といえば当然ですよね。

f:id:naninunee:20160913230821j:image

交通事故発生!→ジャンボ宝くじの1等の当選確率と比べて低いので無罪!

乗用車で交差点を左折した際に自転車の男性を転ばせ負傷させたとして、自動車運転処罰法違反(過失運転傷害)罪に問われた和歌山市の女性会社員(43)の裁判で、和歌山簡裁(畑山明則裁判官)が「保険金目当ての偽装事故(当たり屋)の疑いが極めて高い」として無罪(求刑・罰金20万円)を言い渡していたことが分かった。

 判決は今年7月25日付。検察側は控訴せず、無罪が確定した。

 判決で畑山裁判官は、自転車の男性が2年間でこの事故を含め5件の交通事故で被害者とされたことを疑問視。「確率は約58億4000万分の1で、『ジャンボ宝くじ』の1等の当選確率と比べても異常な頻度」などと指摘した。

news.yahoo.co.jp

私は車を持っていないので、普段ほとんど運転をする機会はありませんが、当たり屋に人生を狂わされた方もきっといらっしゃるはずで、なんともやるせない気持ちになります。

当たり屋、だめ!絶対!(わかる人にはわかる)