続続・サラリーマンブログ

アラサーサラリーマンが思うままに呟きます。

MENU

都知事給与半減なら都議と給与の逆転現象が発生!都民の感情を恐れる都議

 

都知事の小池さんの給与半減案に関して、都議の間で都民感情を恐れる動きが出ているようですね。仮に小池さんの給与が半減されれば、都議の給与を下回るいわゆる逆転現象が起きてしまうことが理由のようです。知事が身を削っているのに、都議はそれでいいのか!といった都民の感情を気にしているのでしょうね。

都知事給与半減なら都議と給与の逆転現象が発生 

 築地市場の豊洲移転延期や都政改革本部の立ち上げなど、就任から矢継ぎ早に政策を打ち出している東京都の小池百合子知事(64)。その小池氏が選挙期間中に公約に掲げた知事給与の削減をめぐり、蜜月関係とはいえない都議会に困惑が広がっている。ボーナスなどを含めた全額を半減させれば、知事の年収は約1450万円となり、都議1人当たりの年収約1700万円より少なくなる。来年に都議選も控え、たった1人の知事の給与を、127人もいる都議が上回れば「都民感情が許さないのでは」という懸念があるからだ。

 都によると、知事の給料月額は145万6千円。これに地域手当(20%)を上乗せし、ボーナスにあたる年2回の期末手当を加えると、年収は2896万3480円になる。

出典:小池知事「半減」で報酬逆転? 都民感情恐れる都議 「削減条例案否決の選択肢も」 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

 

私個人としては知事、または都議という責任のある立場にいる以上、一定の報酬はもらってもいいのでは?(日本の首都である東京都を動かす、という重要な責任を背負っている以上、もっともらっても良いかと考えています。)と思っているのであまり気にはしていないのですが、実際に小池知事の給与半減案が通ったとすれば、都民からの都議への給与削減要求は避けられないでしょうね。