続続・サラリーマンブログ

アラサーサラリーマンが思うままに呟きます。

MENU

14歳のプロ棋士が誕生!62年ぶりに最年少記録を更新!

なんと14歳のプロ棋士が誕生したとのことです。最年少記録を62年ぶりに更新したそうな。

14歳のプロ棋士が誕生!62年ぶりの快挙! 

将棋の第59回奨励会三段リーグ戦が3日、東京都渋谷区の東京将棋会館で最終日を迎え、上位2人に入った大橋貴洸(たかひろ)三段(23)と藤井聡太(そうた)三段(14)がプロ棋士となる四段昇段(10月1日付)を決めた。藤井新四段は昇段時、14歳2カ月の中学2年で、これまで最年少記録だった加藤一二三九段(76)の14歳7カ月を62年ぶりに更新した。中学生で昇段を決めたいわゆる中学生棋士は、加藤九段のほか、谷川浩司九段(54)、羽生善治王位(45)、渡辺明竜王(32)で、藤井新四段は史上5人目になる。

出典:将棋:14歳のプロ棋士誕生 最年少記録62年ぶり更新 - 毎日新聞

 

私は30オーバーなんですが、自身の14の頃のことを思うとただただ毎日楽しんで過ごしていただけ?なので恥ずかしい限りです。笑。将来は羽生善治さんのように将棋界を牽引していってくれるのでしょうね。

東京オリンピックまで4年を切りましたが、若い子世代がドンドン世に出てきて東京五輪ではメダルラッシュに期待したいです。(残念ながら将棋はオリンピック種目ではありませんが)