続続・サラリーマンブログ

アラサーサラリーマンが思うままに呟きます。

MENU

サラリーマンを10年ほど経験してこれだけは言いたいこと

 

あいさつをしよう!指示を受ける際はメモを取り必ず復唱しよう!というのはおそらくどのビジネス本にもかかれているかと思います。

社会人を10年ほど経験してきた身として、ビジネス本などには載っていない、若手の頃にこれだけは抑えておいたほうが良いだろうということがあります。

 

サラリーマンを10年ほど経験してこれだけは言いたいこと!

それは、良い成果を出すよりも、周囲から良い評判を得ることが大事ということです。

f:id:naninunee:20160412170407j:plain

会社という組織に所属しているという前提ですが、仕事ができることは必ずしも評価につながるとは限りません。

自身の仕事が完璧にこなせていても、組織としての和を乱したり、誰かを蹴落として成果を挙げてもそれは評価に値しない、とされる場合があるからです。(外資系の企業ではどうかわかりませんが。。)

また、組織として正しいであろうやり方、アプローチを行ったとしても、必ず良い成果が出るとは限りません。

ですが、そのアプローチの過程や、組織として周囲と連携し、成果につなげるためにとった行動は、必ず周囲の良い評判を得ることができます。

周囲とは、社内だけではなく、取引先や顧客担当者など仕事に関わるすべての人をさします。

 

これ、実は結構大事なことなんです。評判が良いことは、何らかの形で必ず上司の耳に入ります。

喫煙ルームでの休憩中の会話などが良い例ですね。

すると、必然的に新しい仕事を任される機会も多くなります。

こうなると不思議なもので、周りの人たちも協力的になってくれるんです。

なんだかんだ、仕事は人間関係あってのものですからね。

f:id:naninunee:20160412170553j:plain

もちろん成果が二の次というわけではありませんが、まずは個人ではなく、組織として自分がどう行動すべきか?ということを頭において、仕事に取り組むようにするとよいでしょう。

それがたとえ、自分がやりたくないことであっても腐ってはいけません。

良い評判を得るためにはどのように行動すべきか?を意識して、毎日の仕事に取り組んでみてください。

きっと、良い結果が得られると思いますよ。