続続・サラリーマンブログ

アラサーサラリーマンが思うままに呟きます。

MENU

驚きの進化!最新のロボット掃除機まとめ!床拭きロボットブラーバ380jにダイソン 360 Eye!

 

ロボット掃除機の火付け役といえばそう、iRobotのルンバですね。

その火付け役となったルンバも、今ではラインナップが充実し、様々な用途、価格帯の製品が出ています。

そんなロボット掃除機ですが、iRobotのルンバシリーズ以外にも様々な製品が出ていますので、まとめてみました。

驚きの進化!最新のロボット掃除機!床拭きロボットブラーバ380j!

フローリングで生活しているみなさん、ぞうきんがけ後のあのカラッとした何とも言えないすっきりとした肌触りを味わいたいと思ったことはありませんか?

このiRobotの「床拭きロボットブラーバ380j」は、ロボット掃除機の火付け役であるいわゆるルンバの兄弟製品で、水拭きに特化した製品なんです。 

人が実際にモップ掛けを行うように前後に細かく動作し、なんと最大20畳の広さまでピカピカに磨き上げることができます。

ボタンを押して待つだけで、水拭き後のあのカラっとした感触を味わえるなんて、びっくりですよね。

なお、水拭きだけではなくから拭きにも対応していますので、状況によって使い分けることができますよ。

 

驚きの進化!最新のロボット掃除機!ダイソン 360 Eye!

掃除機といえばダイソンを挙げる方も多いかともいますが、そんな吸引力が変わらない掃除機で有名なあのダイソンから発売された初めてのロボット掃除機が「360 Eye」です。

こちらの製品は、ダイソンの売りである強力な吸引力や、ロボット掃除機として必須ともいえる充電ドッグへの自動帰還はもちろんのこと、なんとスマートフォンからリモート操作ができるんです!

ちょっと話がそれてしまいますが、これはいわゆるInternet of Things(モノのインターネット)と呼ばれている仕組みで、今後は世の中に存在する様々な物体(モノ)に通信機能を持たせ、インターネットに接続したり相互に通信することにより、自動認識や自動制御、遠隔計測が行えるようになるといわれています。

掃除機だけではなく、様々な家電製品がインターネットに接続され、スマートフォンで一元管理ができるようになる日が来る、想像するだけでワクワクしてきますね!

 

少々話が逸れてしまいましたが、360 Eyeでは、Dyson Linkアプリにより、スマートフォンからリモートで360 Eye本体を操作することができます。

 

Dyson Linkアプリは外出先でも掃除の進行状況や結果を記録することができます。簡単な操作画面で、ダイソン 360 Eye™ ロボット掃除機の運転開始、一時停止、停止などの操作をすることができます。Dyson Linkアプリのスケジュール予約機能を使えば、1回のみの掃除の開始指示や掃除スケジュールの再設定が可能です。外出していても、ダイソン 360 Eye™ ロボット掃除機はあなたの指示通りに掃除を行います。

出典:Dyson 360 Eye™ロボット掃除機 | ダイソン公式ホームページ

 

外出先で急な来客が決まった場合でもこれなら安心ですね!

ただ、定価で¥149,040とちょっとお高めな値段設定に思いますので、購入にあたってはじっくり検討したほうがよさそうです。

 

 

ミニロボット掃除機MOCORO

ロボット掃除機に興味はあるけど、いきなり高価でハイグレードな製品はちょっと。。という方に最適なのが、シー・シー・ビーの「ミニロボット掃除機MOCORO」です。

 

ミニロボットの名前の通り、がっつり掃除を行ってくれるロボットではないため、ほこりをとってくれればいいやーという方におすすめの製品です。

気になるお値段も3,000円前後で販売されているため、とりあえずロボット掃除機を試してみたい!という方にはぜひおすすめの製品です!

 

実際に動いている動画はこちら!http://www.ccp-jp.com/zakka/mocoro/movie05.html

 

以上、ロボット掃除機のうち、特徴的な3製品をご紹介しました。

これからもドンドン新製品が出てくるでしょうし、目が離せませんね。

掃除機だけでなく、すべての電化製品がインターネットに接続され、家中のすべての電化製品を座ったままスマートフォンから操作・管理できるようになる、そんな日が訪れるのも、そう遠くはないかもしれません。